知育玩具「algo(アルゴ)」はおススメです

「algo(アルゴ)」というカードゲームをご存知でしょうか?
数字が描かれたカードを使った、いわゆる知育玩具の一種です。
知育玩具とは、幼児や児童の知能的発達を促進する玩具です。
第一回数学オリンピック優勝者で、大道芸人としても知られている数学者ピーター・フランクルさんも発明・開発に参加しています。
先日、小学4年生の甥と小学1年生の姪と一緒にこのゲームで遊んだのですが、子供のみならず、大人でも十分に楽しめるものになっていました。
というか、頭の回転の鈍い大人は子供の前で恥をかく結果になる可能性さえあります。
こういう知育玩具はテレビゲームなんかよりも間違いなく頭脳を鍛えられると思います。
このゲームでは特に、数学的論理力が養われます。
論理力は学生時代の勉強理解力向上をはじめ、社会人になっても仕事のできる人間には必須の能力のひとつです。
さらには家族みんなで遊べるので、家族コミュニケーションを深めることもできるおススメアイテムです。http://www.kdp-syria.com

春は憂鬱になることが2つあります

寒い冬が終わり春が迫ってくると憂鬱になることが2つあります。一つは、花粉症です。陽気が良くなり戸外で出かけたくても、帽子やマスクなどフル装備をしての外出などやりたくなくなってしまいます。
もう一つは庭作業です。いろいろな花が咲いてうれしいのですが同時に雑草も元気になります。気になっても花粉のことを考えると放置しがちになります。ごみと仕事は貯めると大変ということを聞いたことがありますが雑草も同じです。気温が上がるにつれてどんどん伸びてきます。雑草の種類も少しづつ変化していき、年々、カタバミ、ドクダミなどしつこいものが多くなります。地上部分だけとってもすぐに芽が出てきます。芝生のカタバミやチョドメグサは一つづつ掘り起こしながら除去しないといけないので手間もかかります。除草剤は土壌汚染につながると思うと使用を避けてしまいます。業者に依頼しても費用も掛かり除草直後はきれいですがすぐに元の状態になってしまいます。結局、時間がかかっても腰が痛くなっても自分で作業するしかありません。www.eekomeijiri.com

合コンに行ってきました☆

合コンってその後に繋がらないものだと思っていたのだけど、今回の飲み会は楽しかった!
一年前に別れた元カレのことが忘れられなくて、ずっとうだうだ引きずっていたから、きっぱりすっきり次の恋に進みたくて、景気付け?に久しぶりに合コンに参加してみました。

飲み会中の雰囲気は大人な感じで、女性側も男性側もギラギラした感じはなく、その場を楽しく過ごそう的な気遣いができる人ばかりだった感じです。
なので、そのままお持ち帰り?とかもなく、2次会までみんなで楽しく行って、返り際はみんなでLINEふるふるして連絡先を交換しあったり。
後日、LINEのグループが立ち上がったり。
そんな和気あいあいな感じだったのだけど、気軽にデートできる相手が欲しいなーと思って、何人かに「ありがとうございました?」って御礼のLINEをしてみました。
そのなかで、反応が良かった人と何回かLINEのやり取りをして、今度食事に行けることになりました!嬉しい。
2次会でみんなの分をさらっと支払ってくれていた大人な雰囲気の彼。見た目もちょっとだけタイプだったので、久しぶりにワクワクしてます♪http://www.themummyconfidentials.com/

スマホでは4ページ以上の長文記事を敬遠してしまいます

 最近、スマホで記事を読んでいると、とても気になることがあります。長い読み物が読みづらいんです。
 よくページ構成が1ページで終わらず、何ページかに分けてあるサイトがあります。タイトル、そして次に全体の概要の文があり更に読みたい人は次のページボタンをタップする必要があるようなページです。そのボタンが次へとか1、2、3と数字だったりします。3くらいの数なら読み進めようとするのですが、4以上の数字なら少しためらってしまいます。そして最後の数が7とかだったら正直うんざりしてしまいます。
 特に検索でたどり着いた所なら余計にそう感じるのです。文章が長ければ説得力も上がるし、読み手の満足度も高いかも知れません。しかし検索結果はひとつのサイトだけだったわけじゃないはずです。検索でリストアップされたサイトのひとつを読んだら、他のサイトも読み比べしてみたいんです。
 だから検索結果に素早く戻りたいんです。ざっと読んで次の情報へサクサク読みたいと思うのは私のわがままなのでしょうか。戻るボタンひとつで検索結果ページに戻れるのが理想です。